①条件を決める
予算・場所・間取りを決めます。家賃等毎月の支払額は、月収の3割が目安です。
場所は、通勤・通学などを考え、幅をもたせて決めます。間取は、住む人数とお手持ちの荷物の量がポイントになってきます。“何m2くらい”と広さを決めてもOK。
②情報収集
インターネットや広告などを利用して、自分の希望条件に合う物件を探します。この段階で希望に合う物件が見つからなければ、相場と合っていない可能性があります。エリアを広げる、間取りを変えるなどして再度条件を立て直し、もう一度情報を収集してみましょう。
③不動産会社
気に入った物件が見つかったら、不動産会社にメールや電話でまだ空いているか確認します。広告などに載っている物件でも、条件のよい物件はすぐに決まってしまいます。空いていなくても気を落とさずに希望物件の条件を伝え、不動産会社に探してもらいましょう。不動産会社のホームページで“物件探しの依頼”を受け付けているところもありますので利用してみるのもよいでしょう。
④室内見学
 希望に合う物件が見つかったら、すぐに中を見てみます。資料だけでは物件の良し悪しはわかりません。見てみたら意外に良かったということも数多くあります。好みは人によって違うものですから、必ず自分の目で見て判断しましょう。
⑤申込
意思が決まったら入居の申し込みをします。
 入居申込書に記入し、入居審査の結果を待ちます(通常入居申込書には連帯保証人を書く箇所がありますので予定の連帯保証人を決めておきましょう。)
 連帯保証人の方に確認の電話がことがあるので、あらかじめ伝えておきましょう。通常1週間程度で結果がでます。契約に必要書類を準備して待ちましょう。
⑥契約
 契約書類を提示し、重要事項説明書で物件の説明を受けます。家賃の支払い方法や時期・更新・解約について、トラブルの際の連絡先などを確認しましょう。
 契約書に署名捺印し、必要書類と契約金を支払えば契約は終了です。鍵は契約時または引越しの日にお渡しします。また、連帯保証人が契約時に表れない場合や実印を持ち出せない場合は、事前に契約書を受け取って、記入・押印をしておきましょう。
⑦引越し入居
転居先の挨拶は、集合住宅であれば両隣と階下の3件でよいでしょう。タオルが一般的です。また、電気・水道の名義変更、ガスの開栓の予約、住所変更も忘れずにおこないましょう。
 ゴミの分別方法や収集日は役所に問い合わせて確認しましょう。