引越しの荷造り(梱包)


引越しを行う際に避けて通れない作業が「荷造り」です。部屋の中の荷物をダンボールに詰めていく作業は大変で、面倒くさい作業ですので、計画的に作業を進めていきましょう!

もちろん、引越し会社によっては「おまかせプラン・フルパック」などといった、荷造りもすべて引越し会社のスタッフが行ってくれるプランもありますが、当然、その場合の引越し料金は高額になりますので、自分たちでできることは、できるだけ自分たちで行い、引越し費用を節約しましょう。

※おまかせプラン・フルパックなどでも荷造りしてもらえない荷物もありますので、事前に確認しておきましょう。

-引越しの際の荷造りのポイント-

段ボールは多めに用意する

引越しを何度も行っている人なら分かるかもしれませんが、荷物というものは「自分で思っている以上に多い」ものです。


一人暮らしで、自分では荷物が少ないと思っていても、ダンボールに荷物を詰め込んでいくと、「こんなにも荷物が多かったのか・・・」と思うことも珍しくありません。

荷造りをはじめてダンボールが足りないと作業がストップしてしまいますが、多少多くてもそれほど困りませんので、多めに用意して荷造りの作業に取り掛かりましょう!


ダンボールの中身が分かるように

ダンボールの中身が分かるように、ダンボールの上はもちろん、すべての横の面に、簡単に何が入っているのか、誰の物なのかをペンで大きく書いておきましょう(上だけだと重ねた時に分かりませんよ)。


これは自分のためでもありますし、引越し作業を行う引越し会社の人のタメにもなりますので、必ず書いておきましょう。引越し先でどのダンボールに何が入っているか、誰の物が入っているのかが分かれば、引越し先での作業が格段にはかどりますよ。

また衣装ケースなど、直接書き込めないものには、紙に書いて、セロテープなどで貼り付けておきましょう。

ダンボールの数が分かるように

「1・2・3・4・・・・・・・・・」と、ダンボールに数字をふっておけば、引越し先の新居で、引越し作業が終わった後に、ダンボールの総数を確認するために便利です。

ダンボールの底が抜けないように

ダンボールをテープで貼り付ける時は、上だけでなく、底面も十字に貼り付けて底が抜けないようにしましょう。ただ角などはダンボールを持つ場所でもありますので、この角に貼り付けると、持ち運ぶ時に滑って危険ですので、貼り付けないほうが良いでしょう。

※ガムテープを使わずに底面を組立てると、底が抜ける恐れがあり、危険ですのでやめましょう。